医療法人鶴陽会 岩尾病院 公式ホームページ official website :  フィットケアについて


Home ≫  糖尿病って、どんな病気? ≫  フィットケアについて

フィットケアについて

 

 糖尿病と足には、想像以上に深い関係があり、患者さまの足にはさまざまな病変がおこりやすくなっています。足の皮膚に現れる病変には、タコ・ウオノメ・水虫・爪の変形・爪周辺の炎症・水泡・潰瘍・壊疸などがあります。これを、糖尿病の足病変といいます。
 
 足に病変が起こりやすいのは、血糖値の高い状態が続くことで神経症が現れるほか、足の血管に動脈硬化が起きて血流が悪くなること、細菌などに対する抵抗力が低下することなどによります。
 
 足は、日常目にふれにくいため、病気に気づきにくく、治療が遅れがちです。そのため悪化しやすく、最悪の場合は足を切断せざるをえなくなり、日常生活に大きな支障を来してしまうこともあります。
 糖尿病治療上、足の観察を行い、足のトラブルを早期に見つけることが大切です。
 
 当院では「フットケア外来」は行っておりませんが、フットケアに関して皆様のご相談に応じております。
 
 どんなことでも結構です。どうぞお気軽に受付にお申し出下さい。

 

  タコ・ウオノメでお困りの方

  爪の変形・巻き爪の方

  水 虫

  爪周辺の炎症

  視力の弱い方

  自分で爪がつめない方